報告が遅くなりましたが、開校時より大学が取り組んでいる福島県いわき市でのボランティア活動が、2017年度キリン・子育て応援事業より助成を受けることになりました。

テーマは「発達障がい青年によるボランティア活動」

 その贈呈式が4月21日、できたてほやほやの大名古屋ビルヂング29階にあるキリンビールのオフィスで行われました。

P4211029

 この公募には全国で289団体がエントリーし、126団体が採択、うち愛知県では14団体がエントリーし、5団体が採択されました。(この公募には推薦者からの推薦文が必要で、東京学芸大学の高橋先生にお忙しい中、書いていただきました。)

≪愛知の採択団体≫

・小幡緑地冒険遊び場の会  つなしょで子どものための食堂を開こう

・NPO法人バボナターレ  みんなで作ってみんなで食べる「笑顔デリバリープロジェクト事業」

・NPO日本冒険教育協会    パパと遊ぼう!~遊びを通した親子コミュニケーションの場~

・NPOまめっこ            家族の絆レストラン

・見晴台学園大学       発達障がい青年によるボランティア活動

 

贈呈式では団体ごとに贈呈文と目録が手渡され、その後は各団体5分程度活動説明を行いました。

P4211032 P4211036

P4211039

どの団体も魅力ある取り組みで、わくわくしてきましたが、その陰には苦労もあり、活動を続けていく粘り強さがあったからこそ、今回の採択につながったのだと思いました。

大学では、夏に行われるいわき市ボランティアの準備が始まりました。今年はメンバーが大幅に変わるため、取り組みも今まで通りとは行きません。しかし、1年生全員、この活動を楽しみにしている様子。せっかくいわき市まで行くのだから、今の現状を自分の目で見て、耳で聞いて、何かを感じ、そして、今できる精一杯の何かを現地の方たちにプレゼントできたらと思っています。