第2回 大学実践セミナーのご案内

 2017年2月、見晴台学園大学では、『障がい青年の大学を拓く』の出版を機に第1回「大学実践セミナー」を開催しました。

 2017年度より、特別支援学校聖母の家学園は「専攻科NEXT」を、やしま学園高等専修学校は「研究科」(青年の学びと生活を保障する会)を立ち上げました。

 これらはいずれも、専攻科(2年間)修了後、さらなる学びの保障を目指す新たな取り組みです。

 この1年間、見晴台学園大学では、この二者と連携・協働し、共同研究校として実践交流を進めてきました。

 今回は、見晴台学園大学における教育実践・研究の発表と、共同研究校とのシンポジウムを通して、専攻科卒業後の学びについて考えたいと思います。

 興味・関心のある方は、どなたも自由にご参加ください。

 

日時:2018年2月18日(日) 9:50〜16:00

場所:愛知県立大学サテライトキャンパス(ウインクあいち15F)

内容:                                      

   10:00 -10:30   基礎ゼミまとめ(学生)             

   10:40 -11:30  いわきのボランティア活動(平子輝美) 

                ✴︎学生・教員

       11:30 -12:30         (昼食・休憩)

   12:40 -13:10   アメリカ研究から(水野和代)             

   13:20 -13:40   法定外・シャローム大学の開校に向けて(引地達也)

             13:50 -15:50   シンポジウム「専攻科後の学びをどうつくっていくか」          

                          司会:大竹 みちよ

           ・谷口 充「やしま研究科」

           ・辻 正(聖母の家学園・専攻科 NEXT))

           ・田中良三(見晴台学園大学)

参加費:無料

主催:見晴台学園大学(問い合わせ) 052-355-6752