2限の講義が終わり、ランチタイム。
ランチは学生センターに移動しとりました。

学生たちはいつも各自でお茶を持参してきていますが、学生センターには湯沸かしポットや学生たちが持ち寄ったコーヒーや紅茶などがあり、いつも自由に飲んだりしています。
ランチ後は参加者にオーダーを聞いてごちそうしていたようです。

お腹も落ち着いた頃、リクレーション大会のはじまり・はじまり♪
実はこのオープンキャンパスの参加者にはつかず離れずのお世話係というのがあらかじめ決まっており、そのことを本人に悟られずに任務を遂行することになっていました。

このリクレーション大会でも参加者はじゃんけんで2チームに分かれてもらい、在学生たちもじゃんけんをするふりをして、担当する人と同じチームになるように速やかに移動していました。

141208-01

そして、競技へ
最初は「袋 De リレー」
上下が空いているビニル袋を下からはいて、上で脱ぎ、次の人へ渡すという競技。
軽快な司会の進行で説明が行われ、競技がスタートしようとした時に質問が…

「あの~、スカートを履いているので上からでもいいですか?」
「もちろん、いいですよ、次の人にリレーしてもらえば」

これで疑問・心配も解決。晴れてスタート。

141208-02

一回目の競技は要領が得ず、まごまごしていましたが、二回目となるとチームで協力して大盛り上げり。

次の競技はチームの心を一つにして「集団じゃんけん」
あらかじめチームでじゃんけんで何を出すのか相談をし、相手チームと全員でじゃんけんをするいうもの。
掛け声に合わせて全員で同じ動作をするのはなかなか難しい。
まして「あいこ」がでてしまうと、また何を出すのか相談し…の繰り返し。

141208-03

最後の勝負では次の講義の先生も加わり、またまた大盛り上がりでした。

そして最後の競技。一発逆転をめざして「間違え探し」です。

141208-04

この真剣なまなざし。
参加者も在学生も必死です。

そして結果は……
お疲れ様でした。
心も体もリフレッシュしたところで3限の講義の始まりです。

3限は教養と人生 あなたもマジシャンパート2
7月にこの講義を行い、そこで取得したマジックをボランティア活動で訪問した福島県いわき市での交流した時に披露させてもらいました。
ちょっとしたコツと練習でみんなを楽しませることができるマジックを参加者にも体験してもらいたいと思って企画しました。

まずは在学生による「誕生日あてのマジック」

141208-05

その後は「ロープマジック」と「チェーンマジック」
在学生にとっては復習になりますが、あれ???どうだったっけ??
だんだん会話もなくなり、黙々と練習あるのみ!!

そうこうしている間にあちらこちらから
「うぉ~~、できた!!」
「できたよ、みてみて♪」
という声が聞こえ始めて参加者も少しずつ取得。
これで今年の忘年会は盛り上げられるかな?

集中していると時間はあっという間に過ぎるもの。
講義が終わり、オープンキャンパスも終了。

見晴台学園の在学生による影の「おもてなし」で
すっかりリラックスした参加者たちは楽しい一日を過ごせたようです。
他の講義もぜひ体験してもらいたいものです。

今後の入試の流れは下記のようになります。

入学試験:2015年2月15日(日)午前10時から 見晴台学園大学にて

受付期間:2015年1月13日(月)~1月30日(金)までに
     必要書類(志願理由書、授業体験レポート)をお送りください。
     授業体験レポートは二日間体験入学をしていただき、その際に
     受講した講義についてのレポートです。

選考方法:授業体験レポートをもとにした口述試験

受験資格:基礎課程…高等学校または高等部を卒業した発達障がい青年
     専門課程…高等部専攻科を卒業した発達障がい青年

詳細は見晴台学園大学までお問い合わせください。
         ℡ 052-355-6752