久しぶりの投稿です。
今年度は初めて4学年揃い、基礎課程7名、専門課程6名
計13名でのスタートしました。
少しずつ大学の様子を紹介していこうと思っています。

すすめる会機関紙「木もれ陽」に毎回大学は記事を掲載しています。
今回はそこからの抜粋、そしてプラスαして数回にわたって紹介します。

◆4月27日に名城公園で撮影会
今までフィールドワークやいわきボランティア研修などで写真を撮ることは多かったですが「自分の見た世界を“キリトリ”それを誰かに伝える」というのは初めての試みです。

 何を撮りたいか、それを撮るためにはどうしたらいいのか、撮影会の前日にミニ講習会を開き、いざ撮影開始。最初はみんな一か所に固まって撮影をしていましたが、時間が経つにつれて、それぞれ興味関心のある場所へと散らばり、あっという間に時間が過ぎました。

モデルになったり

2019-04-27 10.52.16

接写したり

2019-04-27 11.19.05 HDRP4272540

同じ場所でそれぞれの角度で撮影したり…

P4272668 

あっという間の2時間でした。

この後フォトコンテストの準備に入っていくわけですが、
撮影後、公園内を歩いていると三脚にカメラを設置して何かを
待っている人が…。つい話しかけてしまうST2
 話を聞くと、この時期2週間くらいしか現れない「オオルリ」という鳥を
撮影するために、毎日カメラをセッティングしているとのこと。
図鑑も見せてもらいました。

2019-04-27 11.40.16 2019-04-27 11.39.10

調べてみるとこの「オオルリ」という鳥、日本では夏に出会うことのできる
夏鳥で、「瑠璃三鳥」と「日本三鳴鳥」という2つの称号を持つすごい鳥と
いうことがわかりました。

 瑠璃三鳥:日本の代表的な青い鳥3種
 日本三鳴鳥:日本の代表的な美しい鳴き声を持つ鳥3種

身近な公園で、こんな貴重な鳥に会えるかもしれないと思うとワクワク。
四季を通じて、訪れるのもいいものだなぁと思いました。

                            つづく…