7月13日、第一回公開講義・大学説明会を実施し、たくさんの方に参加していただきました。

 予想外にたくさんの方の参加に、当日講義室に追加の椅子を入れたり、資料を増し刷りするなどばたばたしてしまいましたが、嬉しい悲鳴。

遠くは和歌山県から前泊、もしくは当日朝早く出発して参加してくださった方もいました。

参加者12名(保護者や支援者などを含む)

 受付を済ませ、まず学生センターに入っていただきました。くじをひいてもらい、座席に案内。参加者が集まったところで当日の流れの説明をし、いざ講義へ。慣れない場所、“大学の講義”への不安、期待から緊張感が漂っていました。

講義は田中学長の「基礎演習」

P7130128

最初にシラバスを見ながら、この講義の内容と進め方について説明がありました。この講義は三部作で構成されており、一部は、野口雨情の童謡をテーマに進められています。学生たちは事前に今まで学んできた野口雨情の童謡の中で自分のおすすめの童謡の選び、資料を作成する課題が出されており、それに基づいて講義は進められました。学生たちが選んだ曲を一人ひとり紹介し、CDに合わせてみんなで歌います。このような講義のすすめ方に参加者は驚いていたようですが、知っている曲が流れると口ずさむ人もいて盛り上がりました。

 二部はむのたけじのエッセイを読みディスカッション、三部は読み解くシリーズで今回のテーマは「マスクをつけた婚活パーティー」。資料をみんなで読みまわししました。その資料によると「マスクをつけた婚活パーティー」が人気らしい。なぜ?外見より中身重視で相手を選びたいからとのこと。結婚条件も≪3高≫→≪3平≫→≪4低≫と変化しているそうですが、≪3高≫は“”高学歴、高収入、高身長」ですが、≪3平≫、≪4低≫わかりますか??

 講義が終わり、ランチタイム。二つのグループに分かれて食べました。ご飯を食べお腹が満たされたところで、オープンキャンパス恒例「リクリエーション大会」チーム対抗は盛り上がります!!

「間違い探し」と「隠れているものを探せ」に挑戦。

 P7130151

↑身を乗り出しての真剣な表情

P7130155

↑自然と連帯感が生まれていました

最後は大学お得意のマジック「あなたの誕生日、当てます」

P7130168

数字の書かれているカードを見て、質問に答えていくと、あら、不思議!誕生日がわかってしまいます。参加者はもちろん1年生もこのマジックは初めてだったので正解すると「え~~っ」というリアクション。でも、タネを知っている研究生たちはニヤニヤ。実はこのマジック、大学の講義で学んだもの。だから一期生、二期生は全員できます。このように見晴台学園大学では広い意味での社会知識やコミュニケーションツールを学ぶことができるのです。

 午後からは大学説明会を行いました。

 田中学長による見晴台学園大学の理念、サブティーチャーから教育内容と特徴、DVDによる学生生活の紹介、現役学生の体験談報告、来年度の募集要項などをお伝えしました。

 中でも現役学生の体験談は好評で、「声を出すのが苦手な学生さんがスピーチするとき、原稿を代読する先生だけでなく、クラスメイトの人たちも原稿を一緒に読んでいたのにとても温かみを感じました。」と感想をもらいました。

 少しでもたくさんの方に見晴台学園大学を知っていただけるよう、9月と11月も公開講義、大学説明会を行う予定です。日程など決まりましたら、またこちらでお知らせします。また、それ以外でも見学、体験入学など随時受け付けております。お問い合わせください。