入学式後すぐに講義が始まりました。
今年度前期の講義は下記のとおりです。

 ・平和と社会
 ・地域と社会
 ・コミュニケーション実践演習
 ・情報と社会
 ・現代教養演習
 ・芸術と人間
 ・世界の人々と文化
 ・フィールドワーク           です。

また今年度は地域(中川区)の学びをオムニバス形式で学ぶ地域と社会という講義が始まります。
追々紹介していきます。

見晴台学園大学では2年間で72の単位が必須です。
単位取得のためには各教科で評価票を作り、学生からは自己評価、授業評価、教員からは学生評価、自己評価を文章化し、最後にA・B・C・D・Fで評価をします。
初めての単位取得、また見晴台学園大学らしい評価票に戸惑いながらも年度末しっかりと振り返りました。
こうやって自分の学びを振り返ることで次への意欲へとつながっていきます。

 
4月13日(日)は見晴台学園の入学式でした。
今年学園は25年を迎えます。高等部に6名の新入生を迎え、こちらも新しい生活がスタートしました。

今年も学園フリースペースに素敵な桜が咲きました。

140414-01