3月24日後期の評価票を学生たちに手渡し、無事2016年度が終了しました。

3月はほとんど講義がありませんでしたが、卒業生の働いている事業所に何か所か見学に行きました。身近な先輩がどのように働いているか、また、自分たちも近い将来仕事に就くわけですが、仕事の種類や自分に合った仕事など考える機会になってくれればと思っています。

2017-03-16 14.40.12  2017-03-16 14.58.39 ←OBによる作業指導

講義と言えば、最後の最後にスペシャル講義がありました。大阪体育大学の田部先生による「健康と生活」の集中講義(2日間)です。

シラバスを見ただけで学生たちは目を白黒。2日間でこの内容を全部やるの??のんびりペースのいつもの講義とは全く違います。

P3220509

講義では「人間にとって食べることの意義」というテーマで、自分たちの食生活について考えたり、食べることの意義、調理の目的などを学びました。

1人暮らしや夜型の学生は自分の好きな時間に好きなものを食べる生活をしており、かなり耳が痛かったかもしれません。また、適切な食事と食事の時間を空けることがダイエットにつながるという話は、思わず「へぇ~、そうだったんだ。ダイエットしたいなら、決まった時間にきちんと食べないとね」という感想が出ていました。

一通り講義が終わると実習です。最初は「キャラクターパン」です。

一人ひとり材料を計量(実はこれも一苦労)し、ジップロックの中に入れてコネコネ。先生の手際の良さを横目にひたすらこねこね。このパンがこの日のランチのため、手を抜くわけにはいきません。またところどころ「食の科学」の話が飛び交うので、気が抜けません、

なんとか作り上げたパンがこれ!

2017-03-22 15.20.21 ←中身はあんことポテトサラダの二種類

力作のパンをいただき、休憩後は今回の講義のメインである「ローストビーフ」の仕込みです。「ローストビーフ」というハードルの高いお料理のイメージがありますが、これまた先生の手と特製レシピにかかると不思議と簡単に出来上がります。

 

P3220523

P3220522

一日目はこの仕込みまでで終了。

2日目はローストビーフの付け合わせにスープ、サラダ、デザートをつくり、さらには午後からパンの仕込みまで行いました。

P3230528 晩寝かして切り分け

大きなお肉の塊に躊躇するも、先生の手にかかれば見事なローストビーフに。完成した時はかなりテンションが上がりました。

2017-03-23 11.56.07

スープがお椀なのは愛嬌ですが、カフェのランチと言っても過言ではありません。

ランチをいただき、午後からの「おやつパン」の発酵に間に、テーブルマナーについての講義がありました。

実は少し前に2回ほど学生と外食をした際にフォークとナイフの使い方がわからず、苦戦したという話を先生に伝えてありました。そこで、ローストビーフランチはあえて、フォークとナイフを使って食べ、その後にそれについての講義をするという形をとってもらいました。

P3230531

苦戦して食べ終わった感がでている食後の様子。講義ではテキストを使い、説明を聞き、理解し、もう一度実践することで納得。慣れるまでには回数が必要ですが、知っていると知らないとでは別世界。これもまさに現代を生きる青年にふさわしい教養です。

そんなこんなのジェットコースターのような2日間の集中講義でしたが、学生たちにとっては学び多い2日間となりました。

4月からは2年生となり、すぐに新入生を迎える準備が始まります。メンバーが増えることを心待ちにしている学生たちでした。