5月21日に5人目の1年生の入学式を行い、学生数11名と今年度はさらににぎやかになりました。入学式で田中学長が、「誰でもいつもで学べる大学、それが見晴台学園大学です。」言われた通り、学生の年齢層が広がりました。まだ11人の関係作りは発展途上中ですが、出身地や年齢、今までの経験などがこれからの学生生活に反映すると、多くの取り組みに無限の広がりがあるのではないかと思っています。

P5212146

 

そんな中、5月25日(金)~26日(土)とオリエンテーション合宿を行いました。新入生を迎えて、スタートした学生生活。まだまだお互いを知るところまではいっていません。そこで、毎年この時期に寝食をともにする合宿を行っています。

今回の行き先は近場ですが、見晴台学園卒業生にとってはとてもなじみ深い、さらにお世話になっているところでプランニングをしました。

念入りにプランニングしたにもかかわらず行きからアクシデント続出!!

 今回は学生全員で協力してSTとは現地集合というプランにしました。(STは荷物を積んで車で移動)

1時間に1本という、現地の無料バスを利用するために予定よりも早く大学を出て余裕を持って名鉄電車に乗る予定でしたが…。

アクシデント①
まずは大学出発間際に薬を忘れた学生がおり、自宅に取りに帰ったため、その学生とは名鉄電車のホームで待ち合わせをする約束をして分かれた

その学生とは名鉄電車ホーム待ち合わせと確認したにもかかわらず、待ち合わせ場所が不安になり、学生Aに電話で問い合わせ。学生Aは場所はわかっているものの、適切に伝えることができず時間が過ぎてしまい、予定していた電車に乗り遅れる。

アクシデント②
全員が揃い、次の電車に乗るために前に並んでいる人の後ろに並んでいた。乗車予定の電車が来て、乗る準備をしていたが、前の人が動かず、「ハッ」と気がついた時には扉が閉まりかけており、前の方に並んでいた新入生Aさんだけが電車に飛び乗った。

≪大学名物4コマ漫画で説明≫

ori1

ori3

ori4

ori2
               作:Michiyo

その時点でSTに電話とメールで連絡があり、急きょ無料バス乗り換えのある駅に車で向かった。

アクシデント③
STが駅について少しして新入生Aさんが到着。この学生さんとは連絡が取れなかったので、心配したがホッと一安心。この時点で無料バス乗り換えに間に合ったが、後発部隊がまだ到着しておらず。しかし、無料バスがかなり遅れていたため、なんとか間に合わないかと祈ったが…。バス出発3分後に後発部隊の電車到着…。
 
仕方なく、名鉄バスで宿泊場所の最寄り駅まで行き、その後は乗用車1台でピストン輸送。予定より1時間以上遅れて無事チェックイン。
ここまでで二日分以上のアクシデントがありかなりお疲れモード。

その後どうなることやら…。